moon_snow6’s blog

KPOPオタクです。

まとめ⑤

〈記者会見〉

16日午後2時、ソウル瑞草区の弁護士会館で行われた。

以下@CelebConfirmed 英文からの翻訳



ジェハン「今まで我慢してきたのは、最後のチャンスがなくなると思ったからです。みんな2回目のデビューで、こんなことで時間を無駄にしたくないし、ファンのために突き進むしかないと思っていました

しかし、最年長として、そしてリーダーとして、疲れて苦しんでいるメンバーたちを見ながら、崩れてしまうのではないかと怖かったし、OMEGA Xを守りたかったです

カン・ソンヒ代表は、トレーニングが終わると私たちに電話をかけてきて、無理やり酒を飲ませたり、性的な発言をしたり、太ももや顔を触るなどのセクハラをしたりしていました

OMEGA Xとして残りたいなら「ひれ伏す」べきで、そうしなければ僕たちを殺すか自殺しろと脅すのです

メンバーは不安を抱えていて、病気の療養中のメンバーもいます。商品としてではなく、人として尊重されたいんです」


イェチャン「私たちは〈会社を〉信頼し、ついていきたいと思っていました。しかし、(前)代表は、僕たちや僕たちの生活にマイナスの影響を与えてきました。練習時間を奪ったり、遅くまで待たせて話をさせたりと、僕たちの時間を浪費していました

僕たちは、ガスライティングされていることに気づいて、バカにされたような気がしました。兄たちが飲み会に呼ばれたとき、自分も付き合って手伝いたかった。冗談で笑い飛ばすか、忘れようとする癖がつきました

"最近もこんなことがあるなんて信じられない "というネットのコメントを見たことがあります。僕たちに関心を持ち、愛してくれる人たちがいるからこそ、僕たちはここにいるのですが、世の中にはまだガスライティングや虐待を受けている人たちがいます」


弁護士「 OMEGA Xは、前代表がメンバーを脅し、暴行し、搾取していたとして告訴する予定です。まずは専属契約の無効化が必要です。契約書の差し押さえを申請しました。後日、賠償を請求する予定です。」


ジェハン「僕たちは、あきらめずにいつも一緒にやってきたので、メンバー全員を守りたいです。11人全員でステージに帰ってくることが目標です。」

イェチャン「ツアーの最後に起こった暴言・暴行事件の日、私たちはホテルに閉じこもって隠れようとしました。ホテルに頼んで会社から引き離してもらい、出国する瞬間まで自分たちを守りました」


ハンギョム「ファンを失望させ、2度目の解散の知らせをしたくなかったので、前代表の電話には、スケジュールの合間や後でも、いつでも我慢しました。
自分はメンタルが強い方だと思っていたけれど、
いつ電話がかかってくるか、いつも怯えていました。今は療養中ですが、電話のバイブレーションや呼び出し音を聞くと、また同じような不安感に襲われます。

病院に行く前に、彼女の行動が文字通り呼吸を困難にさせていると言ったことがあります
"息ができない "と言ったら、"ソン・ハンギョムが不安でグループを辞めたという記事になるね "と馬鹿にされました。ショックでした。

メキシコシティでの公演に参加できなかったのは、パニック発作で息ができなかったからです」


弁護士「性的暴行や罵倒発言の多くの事件の映像や証拠を持っています」


ジェヒョン「ハンギョムをはじめ、メンバー全員が不安やパニック発作を経験しています。僕も精神科の治療も受けています。メンバーの半数は、ハイトーンの女性の声を聞くと怖くなり不安になるんです」


テドン「すべての事務所がそうではないと思いますが、多くの希望に満ちたK-POP練習生や現役のK-POP歌手までもが、不当な扱いを受け、搾取されているのではないでしょうか。前の事務所では、毎日15~17時間、休みなく練習していました。

携帯電話を取り上げられ、暗証番号を要求されました。最後の事務所では言葉や身体的な虐待も行われました」


イェチャン「アーティストというのは、1つの会社と専属契約を結ぶことになるので、僕たちにとっては閉鎖的な環境になってしまうんです。こういう場がなければ、今日みたいに心を開く機会はありません。

こういったことを契約書に反映させてほしいです。僕たちのような人間を守ってくれる委員会や関連する政府機関があるといいのですが...」



XEN「同じような経験をしている人たちへ、誰かのことで傷つかないでほしいです。僕たちは皆、愛されるために生まれてきたのだから。

あなたたち一人ひとりが特別な存在です。以前はそれを知らなかったから、もがき苦しんだり隠れたりしていたけれど、今は愛されるに値するとわかっているから、立ち直れるんです」



ハンギョム「前の事務所でも虐待はありました。僕は殴られませんでしたが、他のメンバーは事務所や、ツアー中にも殴られていました」


ジェハン「omega_x__for_xというユーザーネームで新たにインスタグラムのアカウントを開設しました。訴訟中もファンとのコミュニケーションをしていきます。

11人でここまでやってこれたのは、僕らを愛してくれるファンの皆さんがいたからです。あきらめずにステージで音楽を続けていきたいと思っています」


イェチャン「世界中の愛するファンの皆様、僕たちの味方であることを知らせる心温まるメッセージをたくさんいただきました。応援のおかげで、僕たちは勇気を出すことにしました。

僕たちは決して夢をあきらめない。僕たちは強く生き、混沌とした状況に立ち向かいます。僕たちは、あなたたちを愛していて、そしてとても会いたいと思っています」


ジョンフン「僕たちはFOR Xの皆さんを本当に誇りに思っていますし、#PROTECTOMEGAX のおかげでこのような状況でも本当に元気になれるので、本当に感謝していますし、絶対にあきらめないことを約束します。本当にありがとうございます」


@CelebConfirmedでは記載されていない点の補足

「代表はメンバーだけでなくマネージャーにも暴言、ガスライティングを日常的に行う。マネージャーも海外ツアーでは暴行を受けた」

「カン代表がLAホテルでメンバーのジェハンの部屋に入ろうとしたところをメンバーのハンギョムが全身で立ちはだかると、それでも入らないといけないと言う。 明け方にドアを蹴るなどの行為で、メンバーに精神的なストレスや不安を引き起こした。」

「飲み会で代表の代わりに飲めと言われ、断ったら次の日に無視されたり当たりが強かったりということもあった」




Q.これからの予定は?

「暴行、脅迫、強制わいせつ、恐喝未遂容疑で刑事告訴を進行中、専属契約を解約することを優先で進めており、慰謝料計算は算定中」



〈前所属事務所へ法的対応示唆〉

🔗[단독]오메가엑스 태동, 전 소속사에도 폭행 피해…법적대응 시사

以下内容

「『OMEGA X テドン、 前所属事務所からも暴行法的対応示唆』


現所属事務所代表から受けた暴言およびセクハラの常習被害を暴露したOMEGA Xメンバーのテドンが、以前の所属事務所でも暴行などを受けたことが確認された。


メンバーのテドンの家族であるA氏から明らかになった。テドンの実姉であるA氏は16日、インスタグラムにテドンがこの日「専属契約解約記者会見」に参加し、涙を流している姿の写真を載せ「テドンが泣いて話せなかったことがある」と述べた。


A氏は

「以前の2Yエンターテインメントに所属している時も携帯電話を強制的に奪って家族とも連絡さえできないようにし、何度も番号を変えるのはもちろん、パスワードを突き止め携帯電話のチェックまでした」

とし

「メンバーたちは休みなしに15~17時間強制練習させ、さらに母方の祖父が亡くなった日にも連絡がつかずDM(ダイレクトメッセージ)で祖父の訃報を知らせた」

と伝えた。

続いて「テドンは(母方の祖父の訃報の知らせを)後になって知り、葬儀を共にすることもできず弔問に来たのが全てだった」とし
「頬を殴って暴言を吐いた2Yエンターテインメント代表が本人ではないふりをして今静かなのがとても腹が立つ」と話した。


OMEGA Xのメンバー、テドンはスパイアエンターテインメント以前、2Yエンターテインメントで練習生として活動した。
これと関連して、2Yエンターテインメント代表のB氏に連絡を取ったが、できなかった。

オメガエックス告訴代理人法務法人エスノ·ジョンオン弁護士は「テドンの以前の所属事務所代表であるB氏に対しても当然法的対応をする予定」とし「ただし反省をすれば円満に対話で解決する意志がある」と話した。





〈訴訟初期日の決定〉

🔗오메가엑스, 내달 7일 가처분 소송 첫 기일..."멤버들도 참석" | SBS연예뉴스

以下内容


「『OMEGA X 、来月7日 仮処分訴訟初日
メンバーたちも参加』


OMEGA Xのメンバーたちが所属事務所を相手にした、専属契約の効力停止仮処分訴訟の初期日が来月7日に開かれる。

OMEGA Xの法律代理人 法務法人エスのノ・ジョンオン弁護士は、OMEGA Xメンバー11人が所属事務所スパイアエンターテイメントを相手に起こした専属契約の効力停止仮処分訴訟の初期日が12月7日10:50~ ソウル東部地裁で進行される予定であることを明らかにした。

先立ってOMEGA Xメンバーたちは16日、記者会見を開き、所属事務所カン某代表から暴行、暴言、酒席強要、立場を利用した醜行などパワハラにあったと暴露し、所属事務所とこれ以上共に活動することはできないと専属契約の解除を要求した。

この席でノ弁護士はメンバーたちを代理して、カン代表を相手に専属契約の効力停止仮処分訴訟を皮切りに民事·刑事上法的な対応をすると計画を明らかにした。

OMEGA X関係者はSBS芸能ニュースに「専属契約の効力停止仮処分訴訟の最初の期日が予想したより早く決まって良かった」とし「メンバーたちは期日に直接参加して本人たちが体験した内容に対して詳細に明らかにする予定」と説明した。

OMEGA Xは昨年6月にグループデビューし、先月まで南米やアメリカなど海外ツアーを行っていた。」